インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。