インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。