インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の新たな形として注目されているインプ

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。