インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもし

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。