インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。