インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはあ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。