インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療は多くのケースでと

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。