インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。