インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。

そうなる理由として、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。