インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみ

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。