インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな歯科治療でも費用は気になりま

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。