インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな問題がインプラント治療にあるか

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。

残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。