インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっています

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。