インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。