インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とさ

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。