インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいま

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。