インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。