インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

利点も多いインプラントですが、治療を受

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。