インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは当然、虫

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。