インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術によってインプラントを埋

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。