インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。