インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは歯根部がチタン製であること

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。