インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにもならない虫歯で、抜くしか

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。