インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

数々のインプラント治療の問題点について、聞い

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。