インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

チタンでできた人工歯根をあごに埋め

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。