インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も万能ではなく

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。