インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。