インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。

感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。