インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。