インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だから

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。