インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなく

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。