インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。