インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

この治療のメインとなるインプラント埋入手術

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。