インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。