インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラ

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。