インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。