インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプ

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。