インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。