インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。