インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現状では、インプラント治療のほ

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。