インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。