インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くのメリットを知られるインプラン

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。