インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではな

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。