インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技術となった今日

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。