インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

重度の虫歯になってしまい、ついに歯

重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。