インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近はインプラントを利用される方

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。