インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。