インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。