インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ブリッジや入れ歯に比べ、イン

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。