インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。